ワイツーブログ

好きなこと、楽しいことをワイワイと書き記します。

【サッカー】少年サッカー観戦記①:狙いのある走り

息子がサッカーを始めた頃の写真


小学5年生の息子は、1年生の頃からサッカーを習っている。地元のNPO法人が運営する小さなサッカークラブ。コーチのみなさんがめちゃくちゃ熱心で、練習は週3回。週末はほとんど毎週のように試合を組んでもらっている。

 

試合はトレーニングマッチを含め可能な限り見学するようにしている。最初は息子が「観に来てね」と言うから行っていた感じだった。

 

でも、5年目にもなると、このチーム自体に愛着が湧いてきて、いつの間にかぼくは彼らのサポーターみたいな気分になっている。

 

どちらかと言えば、子どもは苦手なはずなのに。

 

自分の息子ならまだしも、他人の子どもに関心を持つとは思っていなかった。人見知りなので、見学中こそ無愛想な雰囲気を醸し出しているものの、実は日本代表よりも、海外のどの有名クラブよりも、このチームが好きだ。

 

先週末にもトレーニングマッチがあった。トレーニングマッチなので、コーチは気になることがあれば、試合の途中でも選手を呼んで個別に声をかけることが多い。

 

ぼくの息子はそれほど上手ではない。にわかサッカーファンでしかないぼくの目からもそれは明らか。その日も何度かコーチに呼ばれていた。どんなことを言われたのか興味があったので、試合が終わった後、息子からヒアリングしてみた。

 

ざっくり言えば、攻撃面について言われたことが2つある。

 

①狙いのある走りをする。

②1対1では様々な仕掛けにチャレンジする。

 

このアドバイスの真意を追求すべく、2人で現状分析してみた。

 

●息子はトップで起用されることがほとんど。

●いまチームは1対1の強化に力を入れている。

●なので、漫然と走っていてはパスは来ない。

●結果、ドリブルが上手くないと点が穫れない。

●しかし、現状、息子の得点はごっつぁんゴールがほとんど。

●ごっつあん以外でゴールを奪うために、大事なことが2つある。

●ひとつは、パスを引き出すような「狙いのある抜け出し」。

●そのためには、味方がパスを出したくなるような位置を常に探しておくこと。

●そして、ここぞというタイミングを見極め、そこに走り込むこと。

●ただし、抜け出してパスを受けるだけの選手にはなるな。

●1対1でもシッカリ勝てるように常に足技は磨くこと。

 

その夜、息子と「抜け出し」に定評がある選手の動画を観た。コーチが「狙いのある走り」と表現したプレーを具体的にイメージするためだ。

 

狙いのある走り。

 

素人のぼくには、正直その意味がハッキリ分からないが、つまり、「ここにパスくれ~」というメッセージが伝わるような走りのことなのだと理解した。

 

よし、これでまたひとつ上手くなった。