ワイツーブログ

好きなこと、楽しいことをワイワイと書き記します。

【お題】SFと言えば『マーズ・アタック!』

調べてみると、今から30年以上も昔の作品でした。

ぼくが観たのは確か中学生の頃。

 

当時、『シザーハンズ』という映画にハマっていて、主演のジョニー・デップウィノナ・ライダー、そして監督のティム・バートンの作品は全部観てやろうと、鼻息荒くTSUTAYAに通っていたのを思い出します。

 

その時に観たティム・バートン作品のひとつがこれ。

SFコメディ『マーズ・アタック!』

SFを語りませんか?というお題を目にして真っ先に思い浮かんだ作品です。

 

 

当時のぼくには衝撃的な作品で、いまだに大好きです。

 

大金を使って、ハリウッドのビッグネームを揃えて、多くの人を巻き込んで、壮大なスケールでふざけてやろう

 

個人的には、そんな意気込みを感じました。

 

カッコイイ人が、カッコイイ服を着て、カッコイイ台詞を言うみたいのが、おもしろい映画と思っていたぼくに、「いや、そういうことでもないんだな~」と教えてくれた作品です。

 

あの頃に観たカッコイイだけの映画はほとんど忘れたけど、このくだらないSFコメディは鮮明に覚えています。

 

特に印象に残っているのは、あの俳優をこんな使い方するのかーという驚きと、肩の力を抜き過ぎたにもほどがあるオチの衝撃。

 

真面目にふざけた、くだらないけど面白い映画。

 

そんな作品だとぼくは思ってます。

 

 

 

今週のお題「SFといえば」