ワイツーブログ

好きなこと、楽しいことをワイワイと書き記します。

【仕事】企画職のぼくが営業をやってみた

 

口を開けて待っていても仕事は来ないぞ。

 

新しい部長が言った。

 

なるほど、その通りだ。取引先企業の広告プランやプロモーションを企画するのが、いまの僕のお仕事。なかなかいい歳なのでそれなりに経験はあるけれど、仕事はいつも営業の人達が運んできてくれた。

 

そのことに慣れきっていたのかもしれない。仕事はいつもそこにあるものと思っていた。

 

ここ数年で働き方はずいぶん変わってきている。自然、働く人に求められるスキルや、働く人の意識も変わってきている。理解はできているつもりでも、何が変わってきているのか、鈍感肌のぼくは実感できていなかったのかもしれない。

 

マーケティングとライティング、そしてセールスのスキルは、これからは誰もが持っているべきだぞ。

 

ヒゲをいじりながら新しい部長が言った。

そんなに年齢は変わらないけれど、さすがビジネススクールに通っていただけあってしっかりしていらっしゃる。そして、多少頭部が薄くなっていることもあって、貫禄がおありでいらっしゃる。

 

じゃーやってみよう。

企画職の僕が営業をやってみよう。

自分で企画を立て、自分で営業するのだ。

今日から僕は営業もできる、というか1人で稼げる企画職になるのだ。

 

会社が仲間をくれた。

メンバーは、リーダーの僕を含めて3人。

 

会社側の思惑もある。

・新規取引先を増やしたいが、現状の営業体制・営業部署のスキルでは頭打ち。

・暇な企画スタッフの稼働を増やしたい。

・今後の組織体制を検討する上での実験。

 

都合よく使われているだけかもしれないけれど、個人的には、会社公認で新しいことにチャレンジできてわくわくしていた。これで結果が伴えば、ちょっとカッコいいし。

 

が、しかしだ。

 

営業ってどうやって始めるの???

正直、何から手をつけていいのかわからない。

 

社内の営業さんにヒアリングしようと思ったけど、どうやら僕たちの取り組みをよく思っていない人も多いので、まずは自分たちだけでスタートしてみることになった。手探りでやっていくほうが、大変だけど、楽しそうだと思った。

 

これからやることをざっくりと整理した。

一応リーダーなのだ。

 

・営業に関する情報収集

・チームの活動方針を決める

・年間の大まかな行動スケジュールの作成

・手分けして実践

・成果や課題をみんなで共有

 

上記をできる限りコンパクトに、スピーディに回していきたい。

 

営業初心者の集まりなので、ノルマはほぼない。

手探りでゆっくりいこう。

優しい会社で本当に良かった。

 

自分たちの取り組みを記録に残したかったので、ブログをはじめてみることにした。