ワイツーブログ

好きなこと、楽しいことをワイワイと書き記します。

【雑談】映画『峠』を観る前に……

 

「好きな作家は?と問われたら、迷わず司馬遼太郎と答えるね…」

 

大学2年の春。ひとりの友達が外国映画みたいな言い回しで、語っていたのを思い出した。

 

読書嫌いなぼくは「誰ですかそれは?」と内心思いつつも、

「あーなるほど、遼太郎ね、いいよね、司馬ね……」

と、必要以上にポップな声と表情で適当に返した。

 

しかし、そこから彼は延々と司馬遼太郎の魅力を語りはじめ、それは次の日も続き、その次の週末まで続いた。めっちゃウザかったけれど、彼の瞳はこれでもかってくらいピカピカに輝いていた。

 

その情熱と彼の独特の語り口があまりにもしつこいので、ぼくはとうとう「オススメは?」と、読書好きに対して軽はずみに言ってはいけない禁断の言葉を発してしまった。

 

そしたら彼は120%出し切った感のあるニヤついた表情で、

「オススメなんかないさ。全作品が完璧なのさ」

「彼の作品は1作1作、いや1センテンス1センテンスが我が国の宝だね」

と再び外国映画みたいな言い回しで、ドヤついた。

ウザいことこの上なしだ。

 

「しかしだ、司馬初心者の君に、あえて、あえてひとつオススメするなら…」

 

そう言って彼が差し出したのが、いま絶賛映画公開中の『峠』という作品だ。

 

主人公は誰?織田信長坂本龍馬?と質問したぼくに、彼は待ってましたとばかりにこう答えた。

 

「ご存じ、河井継之助さ……」

 

え、誰?有名?と素直に聞いたら、

「まーぼくたち界隈ではメジャーだよ」と返してきた彼。

界隈……極めてウザかった。

 

何時代の話なのか?舞台はどこなのか?本当に初心者向きの作品なのだろうか?

山積みの疑問を無理やり飲み込み、とりあえず、彼に上巻だけ借りて読んでみることにした。

 

めっちゃ面白い…

いや、これはやばい…

ドヤついた彼の気持ちがわかる…

めっちゃ面白い…

 

一気に上巻を読み上げ、中巻と下巻をすぐに買いに行った。

 

 

ざっくり言うと、幕末の混乱期に、そこまで身分は高くないけれど、めっちゃ優秀な武士の河井継之助という人が、自身が身を置く長岡藩をその頭脳と抜群の行動力で何とか守りぬこうとするお話。

 

特にぼくが惹かれたのは、官軍と幕軍のどっちかにつかざるを得ないような時勢の中、どうにかこうにか中立を貫こうとした、その発想と決意。

 

とにかく、継之助がめっちゃカッコいい!

 

映画も絶対観るが、その前に久しぶりに小説を読み返してみようと思う。1ページ開く度に、大学時代の友人の顔が浮かんでしまうのは癪だが、彼のおかげで『峠』や司馬遼太郎に出会えたのも事実。『峠』を読んで以来、ぼくも司馬遼太郎の小説にハマった。『関ヶ原』や『燃えよ剣』みたいに、近年映画化された作品も全て観ている。

 

好きな小説家は?

 

そう問われたら、いまやぼくも、迷わず「司馬遼太郎」と、ドヤついた顔で答える側の人間なのだ。

 

 

 

 

 

【仕事】企画書の下書きって必要なんですか??

 

「企画書をつくる時って何から手をつけます?」

 

入社3年目のスタッフがみんなに問いかけた。

ちなみに、パンダくんと呼ばれている。

名字が「半田」だからだ。

劇的に安易だ。

 

とにかく、企画職の人は結構そういう話題が好き。企画書を作るフローとか、よく使うフォントやカラーがどうだとか、ページのレイアウトや余白はこうあるべきとか、この企画書本を読まないとダメとか、企画職の人は企画書絡みの話題が大好物なのだ。

 

読めと言われて読んだ企画書本

 

 

 

 

最初はヘラヘラ笑いながら、

みんなで和気藹々とあーだこーだ話をしていた。

でも、少しずつ少しずつ場がヒートアップしてきて、

若干喧嘩のような雰囲気になっていった。

 

炎上のきっかけになったテーマがある。

 

「下書きはいる?いらない?」

 

これ、ぼくが若い時は「下書きマスト」が多数派だった気がする。

ぼくも下書きマストで教えられてきた。

 

まずはノートにページネイションを作って、1ページずつどんな内容を記載するか決めてから、パワポなりイラレなりをいじれと教えられた。

 

でも、ぼくは性格的に向いていなかったようで、いつしか下書きは作らないようになって、今は「直パワポ派」の筆頭だ。

 

当然、頭の中に、下書きというか構想は描いている。

要はそれをアウトプットするかしないかの違い。

その場にいた8人は、見事に「マスト派」と「直パワポ派」で半々に分かれた。

 

下書きマスト派の意見はこうだ。

 

・頭の中がスッキリと整理できる

・緻密さが増し、企画書のクオリティが高まる

パワポをいじる時間を最小限に抑えられる

 

 

対する直パワポ派の主張はこれ。

 

・頭の中で考えながら作った方が早い

・企画書のクオリティよりも企画内容に時間をかけるべき

・紙の無駄

 

 

どうやら、この「紙の無駄」というキツめのワードが、マスト派の逆鱗に触れたようだ。言葉のチョイスって本当に大事だと思った。

 

そこから場が荒れ、ただの悪口も飛び交い、私生活を暴露する砲撃と口撃も加わり、

最終的には、「じゃーお前の企画書見せてみろよ!」みたいな流れになった。

 

なかなか子供っぽい職場だ。

でも、こんな雰囲気も個人的には嫌いじゃない。

本当は場を納めるべき立場にいるのに、

内心ワクワクしながら、むしろ若手を煽っていた。

 

で、両者の企画書を見比べてみた。

たしかにマスト派が作る企画書のほうが「丁寧」な印象。

でも、だからと言って、受注率が高いかというと、それはそこまで変わらないようだ。

逆に、直パワポ派の企画書作成が「早い」かというと、それもそこまで変わらない。

 

正直、人それぞれ好きなやり方で良いよね~

 

と、みんな思っていたけど、ただただこの子供っぽい議論が楽しいし、お互い引くに引けない雰囲気でもあった。

 

そしたら、結構なベテランが2人、たまたま通りかかった。

意見を求めてみたら、「下書き箇条書き派」「下書き喋る派」という新たな派閥が誕生した。

 

箇条書きはまだ分かるけど、喋る派?

詳しく聞いてみたら、プレゼン内容を喋りながら企画書を作っていくらしい。

なかなかの難易度だ。さすがベテラン。

 

さすがに喋る派は真似できそうにないということで、次に企画書を書く時は、みんなそれぞれ「下書き箇条書きを試してみようぜ」ということで、何とかその場は収まった。

 

でも、密かに「喋る派」にもチャレンジしてみようと思いながら、下書き無しでブログを更新する、そんなよく晴れた休日の朝でした。

 

 

 

【お題】給食キングの名のもとに「焼きそば」を推す者です。

正直、給食のメニューになど興味はなかった。ただただ食べる速さだけを求めていた

昼休みはサッカーがしたいのだ。早く食べなきゃ、昼休みの時間が削られてしまう。早く食べなきゃ、他学年にグランドが獲られてしまう。

 

小学生の時なんて、昼休みにサッカーをするためだけに生きていた。そう言っても過言ではないのだ。いや、多少過言だ。

 

とにかく、給食は早く食べることだけに集中していた。ある日カレーを中心とした好物ばかりが出たとき、3分で食べ切ったことがあった。担任の先生は、恐れ慄いた顔で、いや呆れた顔で、こうつぶやいた。

 

きゅ、給食キングの誕生や……

 

か細い声だったが、たしかに聞こえた。その日から、ぼくは給食キングになった。思い出補正がかかっていないマジの話だ。小学生が担任からマジのトーンで「キング認定」されたのだから、はっきりと覚えている。

 

そんな給食キングにも弱点があった。水分が少ないメニューだ。飲めない。だから、やばい。揚げパンはマジやばい。うまいけどやばい。

 

給食キングの喉は繊細なのだ。

 

そんな給食キングの別ベクトルでの最大の敵は、焼きそばだ。「給食焼きそば」は、独特な味で美味い。だから、やばい。おかわりが、ほしくなる。だから、やばい。

 

つまり、休んだやつの分まで食べたくてたまらなくなるのだ。

 

ぼくの学校のルールではおかわりはジャンケンで決める。厄介なのが、早く食べた人の中で、おかわりを希望する上位5名がジャンケンする。という謎ルール。このルールによると、いくら早く食べても、おかわりが欲しければ、5人集まるまで待たなければいけない。謎すぎる。

 

だから、普段はおかわりはしない。カレーも、揚げパンも大好きだったが、給食キングにおかわりはご法度なのだ。でも、焼きそばだけは、あの独特なモッチリ感がたまらない「給食焼きそば」だけは、おかわりせずにはいられなかったのを思い出す。

 

あの独特の味と食感は、家でも、お店でも、屋台でも再現できない気がする。安っぽいけど、どこか暖かい。そんな味だった。

 

好きだった給食のメニューをひとつあげるなら、焼きそば。

 

早く食べることにしか興味がなかった給食キングが、唯一時間をかけておかわりをしたメニューだ。

 

「給食焼きそば」は、美味しすぎてやばい。そして、意外と水分も無いから、それもやばい。繰り返すが、給食キングの喉は繊細なのだ。

 

Oisix特別お題キャンペーン「好きだった給食メニュー」

Oisix(オイシックス)×はてなブログ 特別お題キャンペーン
by Oisix(オイシックス)

【雑談】色違いの靴を履かなくちゃっ

 

以前、MOONSTAR810の「白」を買って、めちゃ良かったーという主旨のブログを書いたのだけど、このほど遂に「黒」も買ってしまった。

 

同じ靴の色違いを買っちゃうなんて……庶民的にはちょっと贅沢してしまった気分だ。

IT系企業のCEOじゃないんだから、同じものばっかり揃えるなんて……かすかに罪悪感すらある。

 

いや、しかし、やっぱりこの靴めっちゃいい。

 

yuiyasu.hatenadiary.com

 

まず梅雨の時期なので、水を弾く感じが本当に使いやすい。

 

多少の雨なら問題なく外出できる

 

そして、ビジネスシーンでも大活躍。

ぼくは商談時はだいたいノーネクタイのセットアップなので、このローファーっぽいデザインがめっちゃ合わせやすい。特に白と黒が揃っていればだいたい何とかなる。

 

ビジネスシーンでも問題なく使える

 

本気でこのシリーズのこの2色だけ持っていれば、オンもオフもやっていけるのではないかと思っている。

 

このままいくと、次のぼくの庶民的贅沢は、同じ靴、同じカラーを2個持ち、3個持ちということになるかもしれない。それはそれで面白くないやつみたいに思われるのだろうか………

 

 

玄関に2色並んでいるとなんかテンションがあがる。

 

 

 

 

例えばこんな使い方も……いや、これはないか……

 

 

 

 

お気に入りの靴があると、毎日の出勤も少し、いやほんの少しだけ楽しくなる。

 

ほんとにほんの少しだけだけど、このほんとのほんとのほんの少しが、地味に大切な気がするような気もする、そんな梅雨の休日の午後なのだ。

 

とにもかくにも、こいつは名作だ。